良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする

良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする

眠たくなってからベッドに入るでは、なかなか良い睡眠にならないこともあります。寝る前の行動で眠ってからの眠りの質が変わることもあります。リラックスできる方法や、照明などで寝る準備をしてから寝るのが良いでしょう。

ハーブなどを利用してリラックスする

お茶などに使うことがあるのがハーブです。葉っぱそのものも香りがありますが、お茶にして飲んだり、オイルタイプのものを加熱して香りを楽しむことがあります。良い睡眠を得るために寝る前にするとよいこととして、ハーブを利用することが挙げられます。一口にハーブの利用といってもたくさんあります。ハーブティーだけでなく、お風呂で使ったり、寝室で使うこともあります。商品のタイプもいろいろあります。部屋にずっと置いておけるタイプであれば、常にリラックスできる環境を得ることができるので、寝るときだけでなく、寝ている間中もリラックスができます。まさに快眠のためのアイテムと言えるでしょう。夜勤をしている人でも、仮眠をとるときなどに使うと良いかもしれません。

ゆったりとした音楽や映像などを楽しむ

これからしっかり仕事をしたり勉強をしようとするとき、気合を入れるための音楽を聴くことがあるかもしれません。一方で、休憩などの時にリラックスをするための音楽を聴くこともあります。同じタイプの音楽としても、少しテンポが異なるなどがあるでしょう。良い睡眠のために寝る前にするとよいこととしては、ゆったりとした音楽をたのしむことです。クラシックなども良いでしょうし、快眠のための音楽などもあります。テレビなどはあまりよくないとされますが、自然を背景にした映像を見るのも心をゆったりさせてくれます。あまり近くからではなく、離れた位置から見ると良いでしょう。

照明を少しずつ落とすようにしていく

かつての照明といえば、白熱電球、蛍光灯が主流でした。今はLED電球を始めとしたLED関係の照明器具が一般的になっています。白熱電球などだと、照明の強さなどをあまり調節することができませんでした。LEDは細かく調節することが可能です。睡眠のために寝る前にしたいこととして、照明を少しずつ落とすようにすることが挙げられます。明るすぎると、脳が昼間だと勘違いしてなかなか快眠モードになりません。太陽が徐々に落ちるように照明を徐々に落とすと、脳も眠るための準備に入りやすいです。手動で落としていくものもあれば、自動的に少しずつ明るさを落とすものもあります。

まとめ

寝る前にすることとして、あまり気持ちを高ぶらせることはよくないと言えるでしょう。リラックスできることを行うのが良いので、ハーブを利用したりゆったりした音楽を楽しみましょう。照明にも気を使うようにしましょう。

比較ページへのリンク画像