睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく

睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく

睡眠の直前に食事をするのはよくないとされています。これは胃が活動をしているからです。リラックスを促す食材をいくつか食べておくと、いい眠りにつなげられます。眠りを妨げるものは控えるようにすると良いでしょう。

付け合わせにいい効果があるかもしれない

料理の中には、普段は食べないけども付け合わせとしてセットされている食材があります。もちろん食べられるので、食べるかどうかはそれぞれの人の勝手です。でもあまり食べられていないと食べにくいと感じることもあります。睡眠のために良い食事の中には、普段は付け合わせになっているものがあります。その一つにパセリがあります。緑の彩として加えられることはあっても、それを食べる人は少ないです。パセリ同様セロリも独特の香りがあり好き嫌いがあります。これらには精神を安定させたり疲労回復のための効果があるとされています。これまでは捨てていたものでも、しっかり食べるようにしてみましょう。

マグネシウムが入っている食材を利用

三大栄養素以外で必要な栄養素として、ビタミンとミネラルがあります。野菜や海藻などに多く含まれることがあるので、必要量を食べるならしっかり食べる必要があります。睡眠をとりたい場合に食事としてとるなら、マグネシウムが入っているタイプを利用してみましょう。マグネシウムはいろいろな作用がありますが、その一つに鎮静作用があります。快眠につながるかもしれません。マグネシウムが入っているものとして、ナッツやゴマなどがあることが知られています。お酒のあてに良いですが、よくあるものは塩味が付けられているので、塩分の取りすぎにならないようにしないといけません。

妨げるものを減らすことを考える

夕食は、寝る前に食べる最後の食事になります。快眠のためには、寝る数時間前には食べ終わるようにした方がいいとされます。それを守っているのになかなかいい眠りが得られない人もいます。もしかすると、眠りに良くないものを食べているからかもしれません。あまりよくないものとしては揚げ物などの油分です。胃の中でかなりの時間停滞することになり、その分胃が働くので寝付きにくくなる可能性があります。その他では、体を冷やす食べ物もあまりよくないとされます。体温が少し上がるくらいの方が快眠を誘いやすくなります。夏場の食材は体を冷やすものがあるので、注意しないといけません。

まとめ

快眠のための食事として、眠りにいい物を積極的に食べるようにしてみましょう。リラックスできるものなどを選ぶと良いでしょう。眠りに良くないものを減らすのも大事なことです。油ものは消化が悪いので注意しないといけません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

睡眠のサプリの効果はリラックスしやすいタイプ
睡眠のサプリに含まれている成分を知る
睡眠のためにメラトニンを増やせるサプリ
快眠するにはさまざまな工夫を採り入れよう
充実した睡眠を行うために活用したい飲み物
睡眠の質を上げる為には寝具選びが重要
良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする
睡眠環境を良くすることで心も身体も健康に
眠れないときの対策に体のリセットと環境
眠れない時は睡眠薬を飲んだ方がよい
睡眠のサプリで人気があるのは眠りにいい成分
睡眠のサプリは安全だか基礎知識も必要
不眠症による問題とその解消の方法・良質な睡眠に必要なセロトニンと不眠症サプリ
睡眠のサプリにあるトリプトファンの中身
睡眠用のサプリは続けられる安いものを使う
睡眠のためのサプリを薬局で購入する
睡眠を改善するため生活のリズムを一定にする
睡眠を改善するため運動を取り入れる
睡眠不足が招くうつを改善するために
睡眠の質をチェックして良い習慣を見つける
睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ
睡眠の質を良くするマットレスは硬さで選ぶ
睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢
睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活