睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活

睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活

あまり眠れていないと、昼間に眠気が襲ってきて困ることもあります。睡眠の質を高めるためには早起きが良いとされていて、サイクルや時間を気にすると良いでしょう。朝日を浴びたり、レム状態で起きることを意識しましょう。

起きる時間を一定にすると良くなる

記事のイメージ画像

夜にきちんと眠ることで体力の改善などが行われます。しっかり眠れていないと、昼間に眠気が襲ってくることもあるので、夜遅く寝る人は朝は時間をずらしても寝る時間を確保する人がいるかもしれません。睡眠の質をよくするためには早起きが良いとされていて、起きる時間を一定にすることを心がけるようにします。人には体内時計があるとされています。それが朝、日差しを浴びるときにリセットされます。リセットされないと、眠気が起きやすく疲れも取れにくい状態が続きます。睡眠時間が少なくなったとしても、朝の6時に起きる、7時に起きるなど起きる時間を固定化すると、快適な生活が実現します。

サイクルを意識して起きる時間を決める

寝ているときには、レム状態とノンレム状態があります。ノンレム状態は体が休息している状態とされていて、レム状態は半分起きているような状態とされています。眼球などが活発に動いている時間です。寝ている間にはレム状態とノンレム状態が一定期間ごとにやってきて、レム状態の時に起きると比較的目覚めが良くなります。睡眠の質を高めるためには早起きが良いですが、レム状態の時に起きられるよう計算しておくと良いでしょう。サイクルとしては90分サイクルが知られています。ですから、90分の倍数で起きる時間を決めるようにします。すると、4時間30分、6時間、7時間30分等に起きるとちょうどいいことがわかります。

朝食を毎朝同じ時間に取れるようにする

起きた後の行動は人によって違うでしょう。会社に行く人もいれば、そのまま寝ている人、家事などをする人もいます。会社に行く人は遅刻ができないので、計画的に行動をとらないといけません。一方、家事をする人などは自分のペースで生活ができます。睡眠の質をよくするのにいいのは、リズムの良い生活をすることです。朝食を毎朝同じ時間に取るようにすると、1日のリズムが整えやすくなります。朝食を同じ時間に取ろうとするなら、早起きをして食べる準備をする必要が出てきます。朝にしっかり食事をすれば、エネルギーもしっかり取れるので昼間に眠くなるなどが少なくなります。

まとめ

睡眠の質をよくするために取ると良い行動としては早起きがあります。同じ時間に起きることや、サイクルを意識することで、生活のリズムが良くなります。起きる時間を一定にすると、朝食の時間も一定化するので、より体調に良いと言えます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

睡眠のサプリの効果はリラックスしやすいタイプ
睡眠のサプリに含まれている成分を知る
睡眠のためにメラトニンを増やせるサプリ
快眠するにはさまざまな工夫を採り入れよう
睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく
充実した睡眠を行うために活用したい飲み物
睡眠の質を上げる為には寝具選びが重要
良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする
睡眠環境を良くすることで心も身体も健康に
眠れないときの対策に体のリセットと環境
眠れない時は睡眠薬を飲んだ方がよい
睡眠のサプリで人気があるのは眠りにいい成分
睡眠のサプリは安全だか基礎知識も必要
不眠症による問題とその解消の方法・良質な睡眠に必要なセロトニンと不眠症サプリ
睡眠のサプリにあるトリプトファンの中身
睡眠用のサプリは続けられる安いものを使う
睡眠のためのサプリを薬局で購入する
睡眠を改善するため生活のリズムを一定にする
睡眠を改善するため運動を取り入れる
睡眠不足が招くうつを改善するために
睡眠の質をチェックして良い習慣を見つける
睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ
睡眠の質を良くするマットレスは硬さで選ぶ
睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢