睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢

睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢

昼寝といえば子供がするもののイメージがありますが、大人でも効果があります。時間は15分から30分ほどの短時間で済ませる必要があります。横になると寝すぎてしまうので、机などにうつぶせになるのがちょうどよいとされます。

眠気に襲われやすい一定時間前に行う

一般的な生活をしている人なら、夜に眠気が襲ってきてそのまま眠ります。そして日中は活動をします。夜勤が多い場合には、夜に仕事をする分、別の時間に睡眠をとらないといけません。夜勤と昼勤が交互に来るようなときはかなり困ることもあります。昼間に眠気が来るときとしては、昼食を食べた後が多いでしょう。特定の人に限られるのではなく、多くの人が感じています。質を向上させるために、昼寝を取り入れることを試みてみましょう。いつ行うのが良いかですが、眠気に襲われやすい2時間から4時間前ぐらいとされています。昼過ぎの1時から3時ぐらいに起きるのであれば、ちょうど昼休みなどに行うと良いでしょう。

15分から30分程度で効果があるとされる

夜に寝るとき、7時間から8時間ぐらい寝る必要があります。あまり短くても多すぎても良くないとされていますが、個々人で必要な時間は多少ばらつきがあります。睡眠の質をよくするのに昼寝をするのが良いと言われています。この時、どれくらいの時間行うのが良いかですが、15分から30分程度で効果があるとされています。目的は、昼の活動性を高めることです。眠気が出てぼんやりした状態だと活動性が弱まり、夜に影響します。少し眠ることでぼんやりをなくすことができれば、その他の時間に睡眠をしたときにぐっすり眠れます。これは夜勤の時に仮眠をとる場合にも当てはまります。少し取ってぼんやりを減らすと良いでしょう。

横になるのがいいのかデスクなどがいいのか

夜に寝るときは、ベッドなどに横になって寝ます。寝る姿勢は、体への負担が全身に分散されるので、長時間同じ姿勢でも疲れにくいです。座っていると腰などに負担がかかっていることがわかっています。睡眠の質を高めるために昼寝をするのが良いとされますが、この時にどんな姿勢で寝るのが良いかです。横になって寝たくても、仕事をしている場所ではできないこともあるでしょう。ポイントは、少しの時間頭を休めることができるかです。そのため、デスクでうつぶせになるのがちょうどよいとされます。横になってしまうと、気持ちがいいために寝入ってしまいます。長時間眠れば、夜に影響してしまいます。

まとめ

昼間に無理に起き続けても、ぼんやり過ごすとより睡眠の質が悪くなることがあります。昼寝を取り入れてぼんやりを減らすことが良いとされていて、眠くなる数時間前に15分から30分ほど行うと効果があるとされています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

睡眠のサプリの効果はリラックスしやすいタイプ
睡眠のサプリに含まれている成分を知る
睡眠のためにメラトニンを増やせるサプリ
快眠するにはさまざまな工夫を採り入れよう
睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく
充実した睡眠を行うために活用したい飲み物
睡眠の質を上げる為には寝具選びが重要
良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする
睡眠環境を良くすることで心も身体も健康に
眠れないときの対策に体のリセットと環境
眠れない時は睡眠薬を飲んだ方がよい
睡眠のサプリで人気があるのは眠りにいい成分
睡眠のサプリは安全だか基礎知識も必要
不眠症による問題とその解消の方法・良質な睡眠に必要なセロトニンと不眠症サプリ
睡眠のサプリにあるトリプトファンの中身
睡眠用のサプリは続けられる安いものを使う
睡眠のためのサプリを薬局で購入する
睡眠を改善するため生活のリズムを一定にする
睡眠を改善するため運動を取り入れる
睡眠不足が招くうつを改善するために
睡眠の質をチェックして良い習慣を見つける
睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ
睡眠の質を良くするマットレスは硬さで選ぶ
睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活