睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ

睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ

クラシックコンサートなどに行くと眠気が出てくることがあるはずです。睡眠には良い曲として知られています。テンポがゆっくり目で歌詞のないものであれば、自然な眠りを誘ってくれるので、睡眠不足の解消にも役立てそうです。

リラックス状態を作ることができるもの

記事のイメージ画像

テレビやラジオ、その他CDなどを利用して好きな音楽を聴くことができます。気分を高めたいときに聞くこともあれば、何かをしながらリラックスをしていときに聞くこともあるはずです。夜勤が多い場合は夜勤明けのお風呂などでリラックスできるものを聞くかもしれません。睡眠の質にいいものとしては、リラックスうできるものが挙げられます。どんな曲がリラックスできるかは人によって異なりますが、よく言われるのは曲のリズムやテンポなどです。速いものよりゆっくり目のものがよさそうです。クラシックなどにはゆっくりのものがあるので、落ち着くタイプのものを選ぶと良いでしょう。

眠るときにかけて眠りについたら消す

起きているときは、プレーヤなどを自由に操作して聞くことができます。もちろんそのまま流し続けることもあるかもしれません。さすがに仕事中などには聞くことはできなくても、休憩時間や一人でいるときなどは自由に効くことができます。睡眠の質をよくしてくれるアイテムとして音楽があります。うまく利用するなら、寝入るまでの間流れるようにしておきます。つまりは流れている状態で眠ります。そして寝入った後に消えるようにする方が良いです。タイマーなどを利用すれば、自然に止まるように設定ができます。疲れているときなら30分ぐらい、あまり眠れないときは1時間ぐらいで切れるようにすればよいでしょう。

考える必要のない曲を選ぶのが良い

心地よい曲は人によって異なります。クラシックが落ち着く人もいるでしょうし、日本の民謡などが落ち着く人もいます。川の流れや海のさざ波、木々が揺れる音など自然な音が心地よく感じることもあります。睡眠の質を上げる音楽としては、あまり頭で考えることのない曲が良いでしょう。好きな曲や歌詞のあるタイプだと、考えながら聞いてしまいます。そのため、なかなか眠れない可能性が出てきます。英語などの歌詞なら意味が分からなければ使えます。曲調がどんどん入れ替わるものより、同じリズムが繰り返されるような単調なタイプが良い場合があります。

まとめ

睡眠の質をよくする音楽として、定番はクラシックです。歌詞が入っていなくて、ゆっくりめの曲が多くなります。流しっぱなしよりも適度に切る方が良いでしょう。寝入ったときに自動的に切れるタイマーを使う方法が良いでしょう。

比較ページへのリンク画像