睡眠不足が招くうつを改善するために

睡眠不足が招くうつを改善するために

うつには様々な要因がありますが、共通して聞くのが睡眠不足。眠りが浅い、睡眠不足が4時間未満などの状態が続場合は危険信号。体と脳に必要な休息が充分できていないのです。休まらない状態に体と脳の疲れが蓄積していく。そのために体と脳がいっぱいいっぱいになってしまうのです。

深い睡眠に入りやすい人、入りにくい人

どこでもすぐに深い眠りに入れる人と、なかなか寝付けない人がいます。何が違うのでしょうか。どこでも熟睡できる人は、無意識に無になれるといいます。周りをあまり気にせず、眠るために考えごとをしないので、スッと深い睡眠状態になれるのです。逆に、なかなか寝付けない人は目を瞑っていても色々と考えごとをしてしまいます。周りの音が気になったり、自分の寝姿が気になったり。そのために目を瞑っていても朝まで脳が起きたままだった、ということも頻繁にあります。この状態は、どこか緊張したり興奮したまま睡眠に入ろうとしているので、リラックス状態に持っていく必要があります。

寝付きにくい体質を改善していこう

なかなか寝付けない人は、寝る前にブルーライトを見ている場合も多いです。テレビやスマホ、パソコンの画面は寝る前に見るのは控えましょう。就寝前に食べ物を食べるのはあまり良くないのですが、糖分を摂取すると血糖値が急上昇して眠気を誘いやすいです。糖分と水分を併せて摂取しましょう。また、ホットミルクなどの温かく、リラックスできる飲みものも効果的です。体を緊張をほぐしてあげるのが良いので、大きく深呼吸したり、体のリンパが流れていくのを意識するように伸びをしてみましょう。フーッと体が気持ち良くなればリラックス状態に入っているのでそのタイミングで横になります。

うつになってしまった人が周りにいる場合

それでもうつが止められなかった場合。本人が辛いのは当たり前ですが、うつは伝染します。というのも、うつの人の言動を目の当たりにしているうちに、周りの人にもうつの症状が出るケースが非常に多いのです。そもそも、うつになる人というのは真面目で優しい人が多いのですが、親身になって向き合う人ほど、同じようにうつの症状が出やすいのです。辛さをダイレクトに受け止めてしまうからです。そんな症状を改善させるためにも一番重要なのは質の良い睡眠が不可欠です。たまにはいい加減でいいんです。何とかなるや、でいいんです。脳をリラックスさせるということは、心をリラックスさせるということでもあります。無理せず、自然体で。上手に付き合っていければ、うつを患う人の改善にも、あなた自身の予防にも繋がります。

まとめ

うつになる人は年々増加しています。なぜ自分だけがこんな風になってしまったんだと責めないで下さい。たくさんいるんです。そして、今は自分は無縁だと思っているあなたは、眠りが深くなるように色々試してみてください。どんなにストレスを抱えていても、体が疲れていても、睡眠不足さえ改善できていれば心まで壊れることはありません。人生の3分の1を占めると言われている睡眠時間、改めて見直してみませんか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

睡眠のサプリの効果はリラックスしやすいタイプ
睡眠のサプリに含まれている成分を知る
睡眠のためにメラトニンを増やせるサプリ
快眠するにはさまざまな工夫を採り入れよう
睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく
充実した睡眠を行うために活用したい飲み物
睡眠の質を上げる為には寝具選びが重要
良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする
睡眠環境を良くすることで心も身体も健康に
眠れないときの対策に体のリセットと環境
眠れない時は睡眠薬を飲んだ方がよい
睡眠のサプリで人気があるのは眠りにいい成分
睡眠のサプリは安全だか基礎知識も必要
不眠症による問題とその解消の方法・良質な睡眠に必要なセロトニンと不眠症サプリ
睡眠のサプリにあるトリプトファンの中身
睡眠用のサプリは続けられる安いものを使う
睡眠のためのサプリを薬局で購入する
睡眠を改善するため生活のリズムを一定にする
睡眠を改善するため運動を取り入れる
睡眠の質をチェックして良い習慣を見つける
睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ
睡眠の質を良くするマットレスは硬さで選ぶ
睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢
睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活