睡眠を改善するため運動を取り入れる

睡眠を改善するため運動を取り入れる

記事のイメージ画像

夜勤が多い場合、仕事が中心になって運動などを意識して行わない場合があります。日常生活や寝る前などに行うようにすれば、質の良い眠りができる可能性があります。寝る前に行うときは、激しすぎないように気を付けないといけません。

昼間にしっかり活動をするのが良い

1日起きていればそれなりに疲れます。疲れた量が多ければその分夜にきっちり睡眠を取れるようになります。ただ、仕事の関係であまり体を動かせない場合もあります。夜勤が多い場合、仕事以外で体を動かす機会がない場合もあります。睡眠を改善するための方法としては、昼間に適度に運動をすることを取り入れると良いでしょう。どれくらいすればよいかですが、激しくする必要はありません。歩く量を少し増やしたり自転車に乗る量を増やす程度で十分です。あまり効果がないのであれば、歩く量を少しずつ増やしてみると良いでしょう。仕事で歩いてもそれほど消費はしませんが、しっかり歩けばかなりのエネルギーを消費します。

肉体的な疲れが眠りをよくしてくれる

疲れを感じるときとしては、体を激しく動かしたときのほか、頭をよく動かしたときにもあります。受験勉強などで勉強ばかりしているときもあれば、オフィスワークで夜遅くまで仕事をすることもあります。ただ、肉体的な疲れと精神的な疲れは少し異なるようです。睡眠を改善するためには、肉体的な疲れを増やすために運動をするようにしてみましょう。仕事をしているのになかなか寝付けない場合がありますが、それは肉体的な疲れがあまり出ていないからかもしれません。体を動かすことで肉体的な疲れを発生させてみましょう。これによって眠りにつきやすい疲れを得ることができます。

寝る少し前に体温を少し上げると良い

寝る前にやると良いこととして、ぬるめのお湯にしっかり浸かることがあります。これによって体温が上がります。その後普通の体温に下がろうとするときに、適度に眠気が出てきます。これにより自然に眠れるようになります。睡眠を改善するための方法として、寝る直前に体温を上げる運動をしてみましょう。汗をだらだらかくような激しいものではなく、体が少しほてるようなものが最適です。ラジオ体操を部分的に取り入れたものなどが最適といえます。激しすぎると逆効果になるので注意をしましょう。ヨガなど、体をリラックスさせながら行うものも、良い効果があるかもしれません。

まとめ

昼間に疲れていないと、夜になかなか眠れない場合があります。仕事は精神的な疲れが多いですが、肉体的な疲れの方が眠りやすいです。激しくない程度の運動を取り入れて、適度に疲労状態を作ると良いかもしれません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

睡眠のサプリの効果はリラックスしやすいタイプ
睡眠のサプリに含まれている成分を知る
睡眠のためにメラトニンを増やせるサプリ
快眠するにはさまざまな工夫を採り入れよう
睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく
充実した睡眠を行うために活用したい飲み物
睡眠の質を上げる為には寝具選びが重要
良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする
睡眠環境を良くすることで心も身体も健康に
眠れないときの対策に体のリセットと環境
眠れない時は睡眠薬を飲んだ方がよい
睡眠のサプリで人気があるのは眠りにいい成分
睡眠のサプリは安全だか基礎知識も必要
不眠症による問題とその解消の方法・良質な睡眠に必要なセロトニンと不眠症サプリ
睡眠のサプリにあるトリプトファンの中身
睡眠用のサプリは続けられる安いものを使う
睡眠のためのサプリを薬局で購入する
睡眠を改善するため生活のリズムを一定にする
睡眠不足が招くうつを改善するために
睡眠の質をチェックして良い習慣を見つける
睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ
睡眠の質を良くするマットレスは硬さで選ぶ
睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢
睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活