眠れないときの対策に体のリセットと環境

眠れないときの対策に体のリセットと環境

体内時計と実際の時計は少しずれています。それを毎日合わせることで、眠れない原因を無くせるかもしれません。朝日を浴びたり、照明や部屋の明るさを調節するようにしてみましょう。すっきり起きることができます。

体内時計のリセットを意識して行う

時計といえば通常は12時間分あります。1日は24時間なので2回転する仕組みです。では人の体にある体内時計では1日はどうなっているかです。人によって少しずつ違うでしょうが、24時間ぴったりではありません。25時間ぐらいとされています。そのため少しずつずれることになります。眠れないことが負担になっている場合の対策として、体内時計のリセットを行うことがあります。ずれたままにしていると、昼に眠くて夜に寝られない状態になります。夜勤の人は特に狂いやすくなります。朝日を浴びて1日の始まりを体で認識するとよいでしょう。毎日でなくても、数日おきにでも行うと良いでしょう。

明るさの調整などを行うようにする

昼はそれなりに明るいですが、夜は真っ暗です。一般的には夜に眠ります。暗い状態だと眠りにつきやすくなります。夜勤をしている人は、明るい時間に眠らないといけない場合があり、眠れないこともあります。対策として、部屋の明るさを調節するようにしてみましょう。簡単なのは、カーテンを閉めたり、雨戸等外からの光を遮断することです。これにより、夜と同じような明るさになります。逆に起きるときには、しっかり起きられるように部屋を明るくするようにします。朝に寝始めると、昼過ぎなどに起きることが多いでしょうから、カーテンなどを開けて日差しを浴びるようにします。

食事の時間をずらす必要があるケース

一般的な生活は、昼に活動をして夜に寝ます。食事もそれに合わせて取ります。朝食は7時ごろ、昼食は12時ごろ、夕食は夕方の6時ぐらいになるかもしれません。では夜勤の人はどうかです。勤務体系によって異なりますが、同じ食事スタイルだと眠れない原因になる可能性があります。対策として勤務に合わせた食事のとり方をした方がいいでしょう。よくあるのは朝食を食べてから寝るスタイルです。勤務が終わった後はお腹がすいています。でも食べてすぐ寝るのは好ましくありません。勤務後すぐや勤務中に軽く食べておくようにし、帰宅後は食べずに寝るようにします。これで眠りへの影響を減らせます。

まとめ

夜勤をしている人が眠れない原因は、一般の人とは少し異なる場合があります。明るすぎるなら部屋を暗くする必要があるでしょう。朝食を食べてから寝るのではなく、寝る少し前に食事を終えるようにした方が良いでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

睡眠のサプリの効果はリラックスしやすいタイプ
睡眠のサプリに含まれている成分を知る
睡眠のためにメラトニンを増やせるサプリ
快眠するにはさまざまな工夫を採り入れよう
睡眠にいい食事を一定時間前に終わらせておく
充実した睡眠を行うために活用したい飲み物
睡眠の質を上げる為には寝具選びが重要
良い睡眠のために寝る前はリラックスできるようにする
睡眠環境を良くすることで心も身体も健康に
眠れない時は睡眠薬を飲んだ方がよい
睡眠のサプリで人気があるのは眠りにいい成分
睡眠のサプリは安全だか基礎知識も必要
不眠症による問題とその解消の方法・良質な睡眠に必要なセロトニンと不眠症サプリ
睡眠のサプリにあるトリプトファンの中身
睡眠用のサプリは続けられる安いものを使う
睡眠のためのサプリを薬局で購入する
睡眠を改善するため生活のリズムを一定にする
睡眠を改善するため運動を取り入れる
睡眠不足が招くうつを改善するために
睡眠の質をチェックして良い習慣を見つける
睡眠の質を高める音楽はリラックスできるタイプ
睡眠の質を良くするマットレスは硬さで選ぶ
睡眠の質を高める昼寝の時間と姿勢
睡眠の質をよくする早起きでリズムよく生活