コラム記事一覧

比較ページへのリンク画像

仕事を一生懸命しているときは、リラックスよりも緊張感が高い状態になります。良い睡眠の助けになるサプリの効果は、緊張状態からリラックス状態にしやすくしてくれるタイプです。落ち着いた気分で眠ることができま...

睡眠のためのサプリを選ぶとき、どんな成分があるのかを調べます。また、それぞれがどんな効果があるのかも調べます。ある成分のみのこともあれば複数入っていることもあるので、効果なども知っておくと良いでしょう...

メラトニンは睡眠のために重要な役割を示します。足りないならサプリで補うと良いとされます。直接摂取する方法とトリプトファンを摂取する方法があります。トリプトファンから変化するのが体にとっての自然な流れに...

仕事にも慣れ、バリバリ働く人が多くなる30代女性には夜勤勤務で仕事をするケースも増えています。特に専門職に多いことから、仕事だけでなく人間関係にもストレスが溜まり、快眠するには工夫が必要なことがほとん...

睡眠の直前に食事をするのはよくないとされています。これは胃が活動をしているからです。リラックスを促す食材をいくつか食べておくと、いい眠りにつなげられます。眠りを妨げるものは控えるようにすると良いでしょ...

忙しい現代社会において、人間関係のストレスや不規則な生活から慢性的な睡眠不足となってしまうことがあります。そのためサプリなどの利用を検討することがありますが、その前に試していただきたいのが飲み物です。...

30代になるとある程度重要な仕事を任され、仕事のプレッシャーも多くなってきます。そんな時、疲れを取る為には睡眠がとても大切ですがなかなか良質な睡眠を取る事が出来ませんでした。そこで最終的に行きついたの...

眠たくなってからベッドに入るでは、なかなか良い睡眠にならないこともあります。寝る前の行動で眠ってからの眠りの質が変わることもあります。リラックスできる方法や、照明などで寝る準備をしてから寝るのが良いで...

忙しく働く人が多い時代、また通勤などの時間を取られる時代では、24時間では足りないと言う人も多いのでしょう。そのため睡眠時間が足りないとか、上手く睡眠が取れないと言う人も多く、悩み解消の努力する人も多...

体内時計と実際の時計は少しずれています。それを毎日合わせることで、眠れない原因を無くせるかもしれません。朝日を浴びたり、照明や部屋の明るさを調節するようにしてみましょう。すっきり起きることができます。...

日々の生活のストレスから夜に眠れないようになり、体の疲れが回復しないままの状態で困っていたのでなにか良い方法はないか探していました。 病院へ行けば解決に繋がる考えましたが、これくらいで心療内科といった...

睡眠の質を上げるには、リラックス、体温、そして体力の回復があります。人気のサプリとして、リラックスできるものや体温調整の効果のあるものがあります。体力を回復するのに良い成分が含まれているものもあります...

サプリを利用するとき、何にいいからだけで選んでしまうことがあります。安全上は問題が無くても、何が何に効果があるのか等を知るようにしましょう。睡眠関係の商品も、度の成分がどんな作用をするのかを確認しまし...

不起訴な生活などによって、良質な睡眠をとることができずに不眠症となる方が少なくありません。十分に体が休まらないので、様々な弊害が生じることとなりますので、早期の対策をする必要があります。良質な睡眠と関...

睡眠に良いとされるサプリに良く含まれている素材にトリプトファンがあります。体内時計を調整するのに必要な成分ですが、必要量が決められているのでそれを守るようにしましょう。たくさん食べても効果がより出るわ...

夜勤などでなかなか眠れない場合、睡眠用のサプリを使うことで改善できる可能性があります。この時、長く使うことができるよう安いタイプを利用することも視野に入れましょう。夜勤の間はずっと使う可能性があります...

薬局には、薬の他にサプリも販売されています。睡眠で悩みがあるなら、薬剤師に相談してみましょう。自分の環境などに合うものを探してもらえます。表向きとは異なるタイプでも、成分が合えば効果が得らえることもあ...

体は、いつもと異なることを行おうとするとストレスが起きやすくなります。良い睡眠のためには、同じリズムで生活するのが良いでしょう。寝る時間であったり食事の時間などを同じにすると、体調も整いやすくなります...

夜勤が多い場合、仕事が中心になって運動などを意識して行わない場合があります。日常生活や寝る前などに行うようにすれば、質の良い眠りができる可能性があります。寝る前に行うときは、激しすぎないように気を付け...

うつには様々な要因がありますが、共通して聞くのが睡眠不足。眠りが浅い、睡眠不足が4時間未満などの状態が続場合は危険信号。体と脳に必要な休息が充分できていないのです。休まらない状態に体と脳の疲れが蓄積し...

夜勤が多い場合、毎日のリズムが異なるかもしれません。睡眠の状態をチェックしておき、良い習慣が出る状況を知っておくと良いでしょう。寝ているときの状況や、起きた跡の状況などを記録して、良さそうな習慣を続け...

クラシックコンサートなどに行くと眠気が出てくることがあるはずです。睡眠には良い曲として知られています。テンポがゆっくり目で歌詞のないものであれば、自然な眠りを誘ってくれるので、睡眠不足の解消にも役立て...

睡眠の質を良くしたいとき、最も体に接する部分が多いマットレスを変えてみましょう。高反発を選ぶか低反発を選ぶかそれ以外のものを選ぶかがあります。それぞれにメリットやデメリットがあり、自分に合うものを選ば...

昼寝といえば子供がするもののイメージがありますが、大人でも効果があります。時間は15分から30分ほどの短時間で済ませる必要があります。横になると寝すぎてしまうので、机などにうつぶせになるのがちょうどよ...

あまり眠れていないと、昼間に眠気が襲ってきて困ることもあります。睡眠の質を高めるためには早起きが良いとされていて、サイクルや時間を気にすると良いでしょう。朝日を浴びたり、レム状態で起きることを意識しま...